アスベスト対策

当社は一般建築物石綿含有建材調査者(国家資格)を保有しております。

アスベストとは?

アスベストによる健康被害の解説

石綿(アスベスト)は、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物で「せきめん」「いしわた」と呼ばれます。1970~1990年代の間に「耐熱性」「防音性」「絶縁性」など様々な特質を有していることから『奇跡の鉱物』と賞賛され、特に船舶関係や建材製品に大量に輸入され使用されました。一方、アスベストは細かな繊維でできているため、空気中に飛散すると呼吸とともに人間の肺に入り込み、分解されず肺に残ってしまう性質を持ちます。 そして10~40年という長い期間を経て、肺がん・じん肺・中皮腫という重大な病気を発症させます。そのため、2006年(平成18年)9月から労働安全衛生法施行令により製造・輸入・譲渡・提供・使用が全面的に禁止されました。

アスベスト含有建材

石綿の用途は約3000種といわれるほど多く、大きくは石綿工業製品と建材製品に分けられ、その約8割は建材製品です。

アスベストは、飛散性の程度に応じてレベル1~3の作業レベルが定められています。

  • レベル1:飛散性が著しく高いと判定される吹付け材
  • レベル2:飛散性が比較的高いと判定される保温材や断熱材
  • レベル3:飛散性が比較的低いと判定される成形板
ダウンロード
アスベスト含有建材の区分.pdf
PDFファイル 1.5 MB

アスベストの飛散性レベルの分類表

規制対象となる改修工事

建築物の改修及び修繕・リフォームを行う場合には、石綿障害予防規則等の法令に基づき、石綿(アスベスト)含有の有無の事前調査、労働者に対する石綿(アスベスト)ばく露防止措置、作業の記録・保存などを行う必要があります。

  • 石綿(アスベスト)の封じ込め・囲い込み工事
  • 建築物の改修及び修繕工事や模様替えなど(戸建て住宅やアパート・マンション占用部分のリフォームも含む)
  • 建築物の改修及び修繕に係る建築設備工事

事前調査について

事前調査は原則全ての工事が対象です。

また、一定規模以上の工事はあらかじめ、施工業者(元請事業者)が労働基準監督署と自治体(自治体への報告は大気汚染防止法に基づくもの)に対して、事前調査結果の報告を行う必要があります。

ダウンロード
事前調査が不要となる作業.pdf
PDFファイル 101.3 KB

事前調査を行うことができる者(必要な資格)

事前調査の流れ(フローチャート)

アスベスト事前調査の基本的流れ(フローチャート)

事前調査結果の報告の対象となる工事・規模基準

石綿の有無に関わらず、以下のいずれかに該当する場合には報告が必要です。(住宅リフォームや解体工事なども含まれます)

  1. 解体部分の延べ床面積が80㎡以上の建築物の解体工事
  2. 請負金額が税込100万円以上の建築物の改修工事
  3. 請負金額が税込100万円以上の特定の工作物の解体・改修工事
  4. 総トン数が20トン以上の船舶(鋼製のものに限る)の解体・改修工事(※令和4年1月13日厚生労働省令第3号により追加)
アスベスト事前調査結果の報告の対象となる工事・規模基準

アスベスト工事の基本的流れ

アスベストに起因する新たな健康被害を防止するためには、建築物の所有者・管理者が、建築物における吹付けアスベスト等の使用状況や劣化状況を調査・把握し、必要な対策を講じることが重要です。

アスベスト対策工事のフローチャート

罰則対象及び規定

アスベスト除去工事に関する罰則

■石綿障害予防規則

違反した場合、6ヵ月以下の懲役、または50万円以下の罰金

■大気汚染防止法

①除去等の方法違反の場合、3か月以下の懲役、または30万円以下の罰金

②事前調査の未報告・虚偽報告の場合、30万円以下の罰金

※対象は、元請業者のみならず、下請け業者にも及ぶことになります。


解体・改修工事を発注するみなさまへ

解体・改修工事を行う建築物等に石綿(アスベスト)が使われていることが明らかとなった場合には、石綿(アスベスト)除去等の工事に必要な費用、工期、作業の方法などの発注条件について、施工業者が法令を遵守して工事ができるよう配慮する必要があります。

建築物等の解体・改修を行う事業者には、法令により、石綿(アスベスト)の含有の有無の事前調査を行う義務があります。このため解体・改修工事を事業者に発注する場合には、石綿(アスベスト)の事前調査費用が計上されていることを確認してください。

アスベスト対策工事の参考価格

■事前調査

2022年4月以降は、図面調査だけでアスベスト無しを判断するのは禁じられているため、現場での目視調査が必須です。

  • 図面調査 1現場あたり20,000円~30,000円
  • 現場調査 1現場あたり20,000円~60,000円
  • 検体採取 1検体あたり5,000円~ + 技術者費用

■分析調査

事前調査でアスベストの含有の判断ができなかった場合に、サンプルを採取してこの成分分析をする必要があります。

  • 定性分析 1検体あたり30,000円~55,000円
  • 定量分析 1検体あたり30,000円~55,000円 
  • 上記両方 1検体あたり40,000円~90,000円

※事前調査の費用は、対象となる建物の規模や現地の場所により変動し、調査結果の書類作成費などの諸経費が発生します。

■除去工事

国土交通省がアスベスト除去費用の目安を公表しており、そのデータを元に社団法人建設業協会が調査分析したものが以下の通りです。作業の難易度が高くなるほど、解体費用も高くなります。

アスベスト除去費用の参考価格表

※引用:国土交通省「Q40 アスベスト含有吹付け材の除去費用は、目安として、いくら位かかりますか。」

リーフレット(厚生労働省)

ダウンロード
石綿対策は、“みなさま”にかかわる問題です。.pdf
PDFファイル 825.0 KB
ダウンロード
解体・改修工事を発注する“みなさま”へ.pdf
PDFファイル 444.9 KB
ダウンロード
事前調査は、「建築物石綿含有建材調査者」が必要です!.pdf
PDFファイル 2.4 MB